岐阜県 ビジョンスクリーナー

ビジョンスクリーナー

小さなお子様に

測定無料

ビジョンスクリーナー

小さなお子さんの視力測定は大変難しいですが。
ビジョンスクリーナーを使用することによって、生後6ヵ月から視力測定することができます。
測定はとても簡単で、お子さんはママのお膝の上でOK、数秒で測定が終わります。
近視、遠視、乱視、斜視、不同視などの問題を迅速に、かつ正確に測定することができます。
弱視は早期の発見、治療が大切です。
お子さんの視力で気になることがあれば早めの視力測定をおススメします。

岐阜県 視力測定 ビジョンスクリーナー
岐阜県 視力測定 ビジョンスクリーナー
岐阜県 視力測定 ビジョンスクリーナー
岐阜県 深視力検査

深視力測定

免許更新前に

初回:1,000円

岐阜県免許更新センターと同じ深視力検査機を設置しています。

深視力とは

岐阜県 深視力検査

深視力とは遠近感や立体感を感じる目の能力です。
深視力は特に運転時に重要で、大型免許や二種免許を取得するには通常の視力測定とは別に深視力測定に合格する必要があります。
メガネのあきでは岐阜県下でも数少ない深視力検査機導入店です。
岐阜県免許更新センターと同じ深視力検査機を設置していますので本番同様に測定でき、また練習していただくこともできます。

深視力検査が必要な免許

大型免許・中型免許・準中型免許・けん引免許・普通二種免許・中型二種免許・大型二種免許
※2023年7月現在

深視力測定の内容

深視力検査機を覗くと3本の棒が見えます。
両方の2本は固定されていますが、中央の1本は、奥から手前、手前から奥へと動きます。
この棒が横一列に並んだ瞬間にボタンを押し、中央の棒の動きを止めます。
3本の棒が横一列に並んでいたら合格です。

前後に多少の合格範囲があります。

深視力測定合格のポイント

目には自信があると思っていても、意外にも深視力測定で不合格になってしまうことがあるのが深視力です。
単に検査機に慣れていないことが原因か、通常の視力が1.5ある人でも深視力が合格しないことがあります。
事前に対策をすれば、合格する確率も高まります。

事前の目の測定

来店時に「免許を取得するため、目の測定を受けたい」とご相談いただければ、通常の視力測定に加えて、深視力に関する測定もさせていただきます。
左右の視力に大きな差がある場合や、斜視などの問題がある場合、深視力が不足することがあります。
その際は、適切なメガネを使用して両眼の視力を補正することで、十分な深視力を得ることができます。

事前の練習

深視力検査機に慣れていない方もいらっしゃいます。
緊張や焦りで中々良い結果を得られない場合もあります。
メガネのあきには岐阜県免許更新センターと同じ深視力検査機があり、練習していただくこともできます。
自分なりのコツを掴めれば、当日の深視力測定に余裕を持って臨むことができます。
お困りの方はお気軽にお声がけください。

お客様の声

お客様の声
遮光メガネ
物が二つに見える(複視)の40代のお客様
お客様の声
遮光メガネ
60代の疲れ目のお客様(外斜視)
お客様の声
遮光メガネ
30代の疲れ目のお客様(内斜視)
お客様の声
遮光メガネ
40代の男性 内斜視治療メガネ
オートレフラクトメータ

測定機器

目の不調を感じたら

測定無料

オートレフラクトメータ

オートレフラクトメータ

目のレンズである「水晶体」の屈折率を調べることができます。
これにより、目そのものの機能としての視力(遠視・乱視・近視)を把握することができます。

動体視力計

動体視力計

動体視力は、動くものを見る能力です。
スポーツや車の運転において重要な視力を測定します。
特にスポーツでは科学的なトレーニングが広まり、「動体視力」の重要性が着目されています。

色彩識別

夜間視力計

夜間視力では、「視力の回復時間」と「眩光下(げんこうか)視力」を検査します。
「視力の回復時間」とは、明るい状態から急に暗くなったときに順応できるまでの時間のことです。
「眩光下視力」とは、夜間に眩しい光を目に受けた状態でどのくらい暗闇の中を認識できるかを計測するものです。

ご予約・お問合せ

ご不明点や不安な点は、ささいな事でもお気軽にお問合せください。
ご予約・お問い合わせはこちらからお願いいたします。